50〜60年代に流行したスーツ・スタイル

スーツのスタイルは1950年(昭和25)年を機に、それまでのやたらと男性らしさを誇張するボールドルックから、自然体であることを強調するナチュラル。ルックへと変化を見せるようになる。それは戦後の混乱がようやく終わりを告げ新しい男のファッションの時代が訪れようとしていることを物語っているかのようだった。そして、その年8月、一般の人たちを対象とした日本で初めての男性ファション誌『男子専科』が誕生した。

50〜60年代に流行したスーツ・スタイル:’60sニューモデルスーツ(1)

50〜60年代に流行したスーツ・スタイル:'60sニューモデルスーツ(1)

1960年7月号紹介のニューモデルスーツ。広めにとった肩から絞った裾に流れる男性的なシルエットが特徴。サイドポケットがフラップなしの玉縁仕様となっているのがユニークなデザイン。