映画_movie
CINE PREVIEW:イヤー・オブ・ザ・ドラゴン

男子專科 1986年3月号 NO.264 より イヤー・オブ・ザ・ドラゴン 恐るべきチャイナ・マフィアにひとり挑む男は、非常のシーンをくぐり抜けて橋上の対決へ、ゾクッ! ”今年最高の映画の1本” ”5つ星、最高得点” ” […]

続きを読む
ファッション_fashion
海外でまったく通用しないファッション用語:スタンド・カラー

日本のファッション用語には海外でまったく通じないものが沢山ある。たわむれに抽出したところ、それは400語ほどにも達した。その中から和製英語に属するものを中心に200語あまりを抜粋。今回ここに紹介するのはそこから厳選した用 […]

続きを読む
男子專科_Archive
昨日と今日の男の博物誌:サム・シェパード(1)

男子專科 1986年2月号 NO.263 より サム・シェパード(アメリカ:劇作家・俳優:1943~)-1 天才?不満足が少し深いだけさ。 途方もない男がいるもんだな。 映画『ライト・スタッフ』で不死身のテスト・パイロッ […]

続きを読む
男子專科_Archive
昨日と今日の男の博物誌:ダシール・ハメット(4)

男子專科 1986年1月号 NO.262 より ダシール・ハメット(アメリカ:ハードボイルド作家:1894~1961)-4 そう、おれの血の収穫なのさ。 メリーランド州のセントメリー郡に生まれたダシール・ハメットは、学校 […]

続きを読む
ファッション_fashion
年代別『ファッション族』物語:銀座・みゆき通り周辺

日本でそもそも「◯◯族」という言葉が使われた最初は、1948(昭和23)年の「斜陽族」からだという。太宰治の小説『斜陽』(1947年12月刊)から出たもので、第2次世界大戦後に没落した上流階級の人たちをそう呼んでおり、こ […]

続きを読む
ファッション_fashion
年代別『流行ファッション』物語:50年代の婦人服ファッションの流れは「ラインの時代」

服装の流行は、まず「モード」として現われる。ここでいうモードとは「最新型」という意味で、デザイナーによる「創作」などがここに含まれる。これが流行に敏感な人たちの支持を得て拡大すると、「ファッション」と呼ばれるようになるの […]

続きを読む
男子專科_Archive
昨日と今日の男の博物誌:ダシール・ハメット(2)

男子專科 1986年1月号 NO.262 より ダシール・ハメット(アメリカ:ハードボイルド作家:1894~1961)-2 そう、おれの血の収穫なのさ。 こんど正月映画として公開されることになった「ハメット」は、じっさい […]

続きを読む
ファッション_fashion
年代別『ファッション族』物語:金持ちのお坊ちゃんやお嬢ちゃん

日本でそもそも「◯◯族」という言葉が使われた最初は、1948(昭和23)年の「斜陽族」からだという。太宰治の小説『斜陽』(1947年12月刊)から出たもので、第2次世界大戦後に没落した上流階級の人たちをそう呼んでおり、こ […]

続きを読む
ファッション_fashion
服装スタイルの「謎・不思議」: ゴージ(ラペルの切り込み)は何のため?

ファッションについては大概のことは知っているつもりだが、それでもどうしてもわからないことは多い。たとえば「リゾート着はなぜ派手なプリント柄が多いの?」と問われても、リゾートウエアってそんなものでしょ、とか、そうじゃない大 […]

続きを読む
男子專科_Archive
昨日と今日の男の博物誌:サム・シェパード(2)

男子專科 1986年2月号 NO.263 より サム・シェパード(アメリカ:劇作家・俳優:1943~)-2 天才?不満足が少し深いだけさ。 こうしたヒトが優れた劇作家であり、それもオフ・ブロードウエイのアンダーグラウンド […]

続きを読む