CINE PREVIEW:グーニーズ

男子專科 1986年1月号 NO.262 より

グーニーズ

現代版宝島物語は、計算され尽くした凝り凝り脚本でジェットコースター的おもしろさ満開

’80年代の映画界を語ろうとする時に欠くことのできない人物として、スチーブン・スピルバーグの名を上げる人も多いはず。ある時は監督として、またある時は製作者として、ここ数年の世界的ヒット作のほとんどに彼の名がクレジットされている現実を見ると、それも納得できる。エンターテイメント性を常に全面に押し出し、それでいながら大人から子供までもが安心して見られるという”良識”を意識した彼の映画作りこそが、スピルバーグ映画が常に大ヒットするという人気の秘密なのだろう。こうしたところから、スピルバーグを”80年代のウォルト・ディズニー”と呼ぶ人も多い。